加盟金に幅がある理由と、返金(繁盛努力賞)制度

メニューライセンスにご興味のある方にとって、はじめに気になるのが加盟金。

私たちはこの加盟金が、50-150万など幅を持たせていますから、なおややこしい。

加盟金に幅がある理由

まず、加盟金の基本的な考え方は、50-150万円と記載の場合は、上限の150万円と考えていただきたいと思っています。そして、通常1回目のオンライン面談の際に決定しています。

ただし、それはBIGOLIのボロネーゼが活躍できると判断したときです。加盟前のヒアリングで、BIGOLIのボロネーゼが役に立つ余地が無いければ、加盟をこちらからお断りしています。

しかし、例えば期間限定など、大々的に販売しないということになると、加盟金を100万や50万円に設定させていただくこともあるという意味です。
ただ、やはりそれでは、あまりやる意味が無いので、お断りさせていただくことも数多くあります。

 

加盟金返金制度があるって本当ですか?

一般常識として、本部と契約して一度支払った加盟金は、契約の期間などにかかわらず加盟者に返還されることはありません。

しかしBIGOLIでは、加盟金の一部、約3割を上限に返金させていただく(正確には、繁盛努力賞)という制度があります。

これは、ルールは一律ではありませんのでここでは例を挙げます。

 ・BIGOLIを取り扱い始めてから180日間は、SNSやチラシ配りなどの店の宣伝活動を継続すること。
 ・本部と協議して決めたファサード周りの看板、店の中のPOPやポスターの適正な掲示を1年間続けること。
 ・本部主催のオンラインセミナーに参加し、そこで得られた知識をしっかり自身のお店に反映する・・・、などなど。

よく見るとわかりますが、「売上」など天候や運に左右されるようなルールはひとつもありません。だれでも決められたことを真面目にやれば必ず達成できるルールだけです。

そして、努力賞を取られた大抵のお店って、既にその繁盛努力のルールが、従業員さんにルーティーン化されており、その後も手を止めないんですよね。

また返ってきたお金を使って、お店や看板、宣伝費などに再投資される方も多いですね。繁盛するコツがわかってきたという事ですよね。

そんな仕組みがあるBIGOLIビジネス。頑張る方は徹底的にサポートします。

ですので、あまり恐れることなくお問い合わせをください。
皆様とのさらなるご縁があることを祈っております。