BIGOLIのプレミアム生パスタ

Pasta “The BIGOLI”

小麦本来の美味しさを追求するため、卵・酒精・酢酸も使わず、小麦と塩だけを使って作りました。だから市販の生パスタとは格の違う味わい、風味が楽しめます。

茹で方を失敗しない為に

まず、たっぷりの沸騰したお湯を用意してください。
たっぷりとは、麺の量の10倍を目安に。240gの一袋を茹でるには、2.5リットル程度を目安にしてください。

そして、なるべく強い火力で「よく沸騰した」状態にします。
もう吹きこぼれるというぐらいの大きな泡が出来てきましたら、ファファラっと、麺を入れて一度ゆっくりかき混ぜます。ここからタイマースタート。

(当然ながら麺を入れると湯の温度は下がります。ですからなるべく強い火力で、お湯の量も多い方が有利ですね。)

なお、塩を入れるかどうかはお好みですが、BIGOLIのボロネーゼソースとあわせる場合は塩は入れません。ソースの方に塩が十分入っております。

しばらくすると再沸騰します。吹きこぼれないよう、また麺がまんべんなく茹だるように愛情込めて見届けてあげてください。

 

茹で時間は4分が目安です

BIGOLIの店では、大型の釜で茹でる為、茹で時間は約3分半。家庭では4分を目安としてください。1本つまんで味見をして好みの硬さになるまで茹でてください。味見は大切です。特に大切な方に食べてもらうときは、何度も何度も味見をしましょう。

 

ボロネーゼ以外の使い方

実はBIGOLIのプレミアム生パスタはパスタ以外にもいろいろと使いみちがございます。私たちが特にオススメするのが「焼きそば」。
一度ざっくりと3分程度茹でて、しっかりお湯をきってから使ってみてください。ありえない程に上質な焼きそばが出来上がると思います。
通常の麺より太麺ですから味は少しばかり濃い目があうでしょう。

その他、冷やしメニューで食べる場合の注意点は、茹で時間。麺を冷水で冷すと、麺が締まってかなり固くなります。よってお好みですが、5分程度、柔らかめに茹でてみてくださいね。