小分けして冷凍保存しておけば、あとはインスタント調理でいつでも便利!

【ボロネーゼの作り方、簡単な流れ】

準備:ソースの小分け(お手間かけてすみません)

1.お湯を沸かす

2.麺を4分茹でながら、フライパンでソースを温める

3.麺とソースを混ぜ合わせる


準備:ソースの小分け


BIGOLIのソースは業務用。
フードファイターなら軽々でしょうが、通常は小分けしてお使い下さい。
麺1袋、240gに対して、ソースは125gから140gぐらいが適量。お好みに合わせて、7~8等分にしてください。
ちなみに店頭で冷凍していない生麺をお買い上げの方は、麺も半分(120g)にして、ソースは12等分ぐらいにすることをお勧めしています。
そのあたりの一連の動画は、こちらをどうぞ
(なお、冷凍していない生の麺、ソースは品川店での販売となります)


調理は3ステップ

1.お湯を沸かす

できればタップリのお湯を沸かします。タップリとは麺の重量の10倍以上を言いますが、上の動画にもあるようにフライパンでも調理できます。

2-1.麺の湯で時間は4分程度

冷凍の場合は、解凍せず使います。冷蔵の場合はもちろんそのまま。
完全に沸騰しているお鍋に麺を入れ、麺をほぐしてください。
一度沸騰は止むかと思いますが、特に冷凍の場合はやさしく丁寧に。
再び沸騰しましたらそこからタイマースタート。

2-2.ソースをフライパンで温める

BIGOLIのソースは湯煎していただくだけでOK。
なお、このソースは減塩を意識されている方や他の料理に流用できるように、予め塩分を控えて作ってあります。お店と同じく、ソース125g程度、麺1袋240gで召し上がる場合は、塩を1.5g程度いれてください。

3.麺とソースを混ぜ合わせる

麺はしっかり湯切りし、ソースを掛けて混ぜてください。
そして、最も大切なことはしっかりと麺とソースを絡めること。
ミートソースのように、盛り付けたパスタに上からソースをかけるだけではダメなんです。この一手間によってソースが乳化され、麺に味が絡んでぐっと美味しくなります。

よくかき混ぜて!

お皿に盛り付けたらもう完成です!
仕上げには、ちょっといい感じのオリーブオイルをひとまわしされるとなお風味が立って良いかと思います。
※お肉が多めですから、少しスパイシーなオイルが合うようです。